読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

into the void

ソフトウェアに関する雑多な調査日記

Android - beagleboard-xm 開発環境改善(其の壱)

毎回SDカードを抜き差しするのが面倒なので、NW経由でログインとファイル送付ができるようにtelnetdとftpdをいれてみる。

telnetd

busyboxに入っていたので実行するだけだった。-lオプションでシェルを指定する。

$ busybox telnetd -l /system/bin/ash

ashも実体はbusybox

adb

adbでアクセスできるようにもしてなかったのでついでにしておいた。adb pushでファイルをandroid側に転送できるようになるので、これだけでもかなり便利。もっと早くやっておけばよかった。
必要なのはUbuntuandroid-sdkをインストールするのと/etc/udev/rules.dに51-beagleboard-xm.rulesファイルを作っておくだけ。中身は下記。

$ cat 51-beagleboard-xm.rules 
SUBSYSTEMS=="usb", SYSFS{idVendor}=="18d1", MODE="0666"

ftpd

ftpdはbusyboxにはいっていないので別途ポーティングする。
せっかくAndroidつかっているからとFTPサーバ機能をもったアプリ(http://code.google.com/p/swiftp/)を入れてみたんだが、ネットワークのステータスがうまくとれずに動かなかった。WiFiManagerをつかって標準的な方法でNWを有効にしていないとダメっぽい。ちょっと改造すればよさそうだが、それならソースからポーティングした方が早いし、動きも把握できるので、やめた。